革のジャケットの取り扱い|メンズファッションで買った洋服を長持ちさせる方法

革のジャケットの取り扱い

ファッションアイテム

保管の方法

男性がさっと着こなしているとかっこいいレザージャケットですが、そんなレザージャケットを長く使い続けるためには、保管する際にはちょっとした工夫を施すと良いでしょう。たとえば革素材であるために、直射日光は避けることが大切です。しかし、だからといって日陰に保管すると、カビのリスクがあります。そのため、日陰でありつつも、風通しの良い場所へ保管することがお勧めです。また、ホコリ除けのためにビニールに入れて保管することもカビの原因になるために避けましょう。クリーニングは色落ちするリスクがあるので、できるだけ出さないようにした方が無難です。ちなみにホコリや汚れなどは、柔らかい乾燥した布で拭き取ることが基本ですが、それだと落ちないような場合は、水に濡らした柔らかい布をよく絞り、汚れを拭き取るようにしましょう。その後に乾燥させることも、忘れないようにしてください。

その他のポイント

レザージャケットは革製品なので高温や湿気に弱い傾向にあるため、基本的には雨の日などの水に濡れる環境での着用は避けた方が安心です。しかしそうしていたにも関わらず、水に濡れてしまったとしたならば、その時は乾いた布で水を拭き取り、風通しの良い日陰で乾燥させるようにしましょう。ちなみに半分乾いた状態の時にミンクオイルを使用すれば、レザージャケットの型崩れを防ぐことにつながるのでお勧めです。また一年に一回程度、油分を補給してあげると固くなることを防ぐことができます。そして新品の場合、色落ちのリスクもあるので注意が必要です。それゆえに新しいものの場合は、淡いカラーの服と合わせることは避けるようにしましょう。